Back to School

classroom-824120_1280

ネットサーフィンをしていると、この時期 “Back to Scool”という言葉をよく目にしませんか?

これは何かというと、アメリカの子供達や学生が9月から学校に行くために新しい学校用品を買うことを見込んだ「新学期セール」の事です。

アメリカなどの欧米諸国や世界の多くの国は、夏休みが終わった9月から新学期が始まります。

新入学や新学期にあわせて通学用品や勉強道具を新しくし気分も新たに勉強やスポーツに励もうという訳です。

日本では冬から春にかけてランドセルやスーツなどのCMや折り込みチラシが多くなるのと一緒ですね。

ところで、日常的にキャップを着用するアメリカの学生達は、自分の地元のごひいきチームのキャップの他にも、自分を表現する手段や願掛けに帽子を使うことがあります。

例えば「今年は成績が良くなる(全Aが取れる)ように」Aと刺繍されたキャップ — 例えば ATLANTA BRAVES — を被ったり、クラスの担任がBenだったらBのキャップを被ったりするのです。

アメリカで買い付け時に店員からその話を聴いたときに、日本ではあまりそういうことを聞いた事がなかったので「なるほどなあ」と感心しました。”Go Back Scool”を見ると毎回思い出すエピソードです。

日本でもそういう帽子文化が生まれると素敵ですね。

その一助となれるようこれからもがんばりますので皆様引き続き当店をよろしくお願いいたします!