帽子着用率

bespokecutandsew

こんにちは、原宿店店長です。

みなさん、いつも帽子かぶってますかー?

当店をご利用いただいている皆様は、帽子・キャップが好きな方たちなので、毎日のように様々なヘッドウェアを身につけて楽しんでいらっしゃると思います。

しかし、商売柄でしょうか最近街を歩いていると「みんなあんまり帽子身につけてないなー」なんて、ふと気になる事があります。

ここ原宿は、New Era Tokyoさん、ONSPOTZさん初め帽子専門店が何店もあるので、比較的ヘッドウェア好きの方が多く集まる街だと思います。

その原宿でみていても「日本人の帽子着用率の低さ、異常!」と思えるときがあります。

逆に、「外国人旅行者の帽子着用率の高さ、異常!」とも思います。

気になって、国別の帽子着用率データが無いか調べてみました!

・・・

が、見つかりませんでした・・・

国別に整理されたものは見つかりませんでしたが、それでも文化学園さんが中心となった研究で日本の衣服季節変化に関する2004年の報告書の一部に「男性の帽子着用率は年間平均約5%で大きな季節変化はなく」という記述がありました。

やっぱり少ない。。。

女性に関しても着用率は高くないそうです。

日本以外のデータですが、今のところ見当たらないので、ここからは自分の体験による体感と、海外経験者のブログなどから見て取れる感想です・・・^^;

で、日本以外の方の帽子着用率ですが、男性でスーツ以外の人のざっくり50%以上が日常的に帽子を着用していると感じます(私見)。

原宿は観光地だからでしょうか更にその着用率は上がり7割くらいはキャップをかぶっているような感覚です。

これは欧米だけでなく、アジアからの旅行者の方達も日本人と比較して圧倒的に多く帽子を着用していると感じます。

日本でキャップを販売している者としては、ちょっと寂しい気持ちです。

昔はどうだったのかもちょっと調べてみたところ、大正時代には男子の冠帽率は90~95%に達していたそうです。確かに当時の写真をテレビや新聞で見ると男性のほとんどがカンカン帽やシルクハットなんかを冠っていますよね。当時は最先端かつ基本のおしゃれアイテムだったのでしょう。

日本人にももっと帽子の良さを再認識してほしいです!

帽子の魅力を再発見して、ヘッドウェアを日常に取り入れて楽しんでいただきたいと切に思います。

ビスポークトーキョーは今はまだ小さなショップですが、日本のヘッドウェア業界の発展に少しでも貢献していけるようにこれからもがんばっていきます。

今後とも応援よろしくお願いいたします!