なぜ原宿に帽子屋を出店したのか

bespoke東京の棚にある帽子の様子

こんにちは。BESPOKE TOKYO店長です。

今日は、なぜ原宿にお店を出店したのか、ちょっとだけ書かせていただきます。

帽子好きの方ならご存知のように、裏原宿には有名な専門店がすでに2つ存在します。

まずは業界の第一人者オンスポッツさん。

そして、なんといってもキャップ界の総本山ともいえるニューエラさんのショップがあります。

どちらもご近所の裏原宿エリアにあります。

なんでそんな二大巨頭がすでに存在する激戦区に出店するのか?勝てるのか?

そんな心配をされることもありますが、いいんです。

われわれビスポークトーキョーは普通の帽子を販売するだけではありません。

職人がひとつずつミシンを踏んでカスタムしたキャップを販売しております。これは他のお店にはない当店独自の強みだと自負しております。

当店のカスタマイズ内容はあまりにも手がかかりすぎるので、大きなメーカーさん等では対応しきれないと思います。

そして、有名店が近くにあることのメリットもあります。帽子好き、特にキャップ好きのお客様がこのエリアにたくさんいらっしゃっていただけるということです。

キャップ好きのお客様が、ONSPOTZさんとNEW ERA TOKYOさんをご覧になったついでに、BESPOKE TOKYOにもふらっとよって頂きたいのです。

一度ご来店いただき、現物に触れて見ていただければ、当店の商品の素晴らしさをより強くご理解いただけると考えております。

このブログをご覧の皆様も、「ついで」でOK、見るだけでもOKなので、ぜひお店まで遊びにいらしてください。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

では